企業のリスクに保険を軸にして様々な解決策を提案する
少数精鋭のプロフェッショナル集団

企業のリスクに保険を軸にして様々な解決策を提案する少数精鋭のプロフェッショナル集団

企業を取り巻く環境は時代と共に変化し、事業活動に存在するリスクは複雑化しています。そのような中で、企業の「リスクマネジメント」における「保険」の重要性が近年飛躍的に高まっており、トップの直轄領域へと位置づけが変化しつつあります。
経営トップを補佐して、企業全体のリスクを一元的に管理したり、その対応や危機管理を全社横断的に行う総合リスクマネジメントの要として社外CRO(チーフ・リスク・オフィサー)的な存在でご用命頂いています。

「CRO」チーフ・リスク・オフィサーの役割

CROは、企業がさらされているリスクを洗い出し、対応すべき優先順位を付けます。 対策を建てて事業計画にリスク計画を組み込みます。経営リソースの配分においては当然、全体最適が徹底されなければなりません。CROを置く場合、企業のリスクマネジメント体制は、 CROを最高責任者として、その指揮下に数名のリスクマネジャーからなるリスク管理部署を置く全社的な統括機構と、現場である各部門・部署の管理体制の2階層に分けて、構築されるケースが一般的です。リスクマネジャーには、CROと現場のパイプ役として、各部門・部署のリスク管理責任者と密接に連携し、リスク情報の収集や意識付け、教育の実施などの働きかけを行うことが求められます。

企業を取り巻く様々なリスクへの対応をサポートします

企業を取り巻く様々なリスクへの対応をサポートします